各地の北海道遺産

札幌苗穂地区の工場・記念館群


札幌市

北海道初の工業団地は
今に続く「産業のまち」に

札幌市の創成川以東は、豊平川の伏流水や貨物輸送の利便性などによって明治期から「産業のまち」として栄え、今も福山醸造をはじめ、さまざまな工場や倉庫がひしめき、下町的な雰囲気を残している。苗穂駅近隣にある北海道鉄道技術館、サッポロビール博物館、酪農と乳の歴史館、千歳鶴酒ミュージアムは内容も充実し、北海道の産業史を知る上でも貴重な記念館群を形成している。

見学スポット

  • 北海道鉄道技術館

    所在地
    札幌市東区北5条東13丁目
    ガイド
    なし
    お問合せ
    TEL 011-721-6624
    (北海道旅客鉄道(株)苗穂工場総務課)
    ホームページ
    JR北海道苗穂工場
    http://www3.tky.3web.ne.jp/~jrnaebo/
  • 福山醸造

    所在地
    札幌市東区苗穂町2丁目
    ガイド
    あり(要事前連絡)
    お問合せ
    TEL 0120-120-280
    ホームページ
    http://www.tomoechan.co.jp/
  • 千歳鶴酒ミュージアム

    所在地
    札幌市中央区南3条東5丁目1番地
    ガイド
    工場見学は10名以上の団体のみガイド受付あり(※要予約・酒の仕込み時期(12月)は工場見学不可)
    お問合せ
    TEL 011-221-7570
    (千歳鶴酒ミュージアム)
    ホームページ
    日本清酒株式会社
    http://www.nipponseishu.co.jp/museum/

お問い合わせ・関連サイト