各地の北海道遺産

ニッカウヰスキー余市蒸溜所


余市町

信念の男がたどりついた
ウイスキーづくりの理想郷

理想のウイスキーづくりをもとめた竹鶴政孝は、澄んだ空気と夏でもあまり気温の上がらない気候に加え、余市川の良質な水にも恵まれた余市町をその適地として選んだ。ニッカウヰスキー余市蒸溜所は1936(昭和11)年、ポットスチルに火が点じられてモルトウイスキーの製造が開始されて以来、当時と変わらない製法でウイスキーの蒸溜、貯蔵を行っている。

見学スポット

お問い合わせ・関連サイト