各地の北海道遺産

内浦湾沿岸の縄文文化遺跡群


函館市、伊達市など

世界遺産登録を目指す
遺跡ロマン

内浦湾沿岸は北海道と本州を結ぶ縄文文化の交易路で、函館市の南茅部地域には現在91ヵ所の遺跡が確認されている。また、大船遺跡や垣ノ島遺跡をはじめ、著保内野遺跡で発掘された「中空土偶」は北海道初の国宝に指定されている。伊達市の北黄金貝塚は、縄文早期(7000年前)~中期(6000~4000年前)の遺跡で、住居や全国的にほとんど例のない「水場の祭祀場」が発見されている。

見学スポット

お問い合わせ・関連サイト