各地の北海道遺産

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群


上士幌町

かつて木材を運んだ
鉄路にかかる「幻の橋」

昭和初期に十勝内陸の森林資源の運搬を目的に建設された第1級の鉄道遺産。地元住民を中心とした活動で保存が実現された。中でも季節によって見え隠れする「タウシュベツ川橋梁」、32mの大アーチを持つ「第三音更川橋梁」が有名。地元NPOの保存・利活用へ向けての活発な活動は全国的にも市民活動のモデルとされている。

見学スポット

  • タウシュベツ川橋梁

  • 糠平湖にかかる橋梁のアーチ部分が湖の水位によりめがねのように湖面に映ります。