各地の北海道遺産

ピアソン記念館


北見市

北見の精神文化を育んだ
三柏の丘

アメリカ人宣教師G.P.ピアソン夫妻の私邸として1914(大正3)年に建てられた。夫妻は道内各地を伝道し、その終着に選んだ地がアイヌ語で「地の果て」を意味する野付牛(現在の北見)。廃娼運動や慈善活動など、夫妻の志は今も北見の精神文化のよりどころとして多くの市民に親しまれている。設計者は近江兄弟社創設者としても知られているW.M.ヴォーリズ。

見学スポット

  • ピアソン記念館

  • 所在地
    北見市幸町7丁目4-28
    ガイド
    あり。ピアソン会の会員が団体の人数に応じて対応。無料。
    ※個人住宅だったものを記念館としているので、30人以上の団体の場合は時間差で入館。その間、庭園で樹木の中の散歩を。
    イベント
    中庭でのグリーンコンサート(7月)
    その他、「ピアソン記念館市民講座」など各種講座を実施
    お問合せ
    TEL 0157-23-2546
    ホームページ
    NPO法人ピアソン会
    http://www.npo-pierson.org/

お問い合わせ・関連サイト