各地の北海道遺産

森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」


遠軽町

初の国産11トン機関車は
今日も森を駆け抜ける

「雨宮21号」は東京・雨宮製作所で製造された初の国産11トン機関車。1928(昭和3)年、丸瀬布-武利意森林鉄道に配属され、国有林から伐り出した丸太や生活物資の搬送に携わってきたが1958(昭和33)年に廃止。地元の強い要望で1976(昭和51)年、北見営林局から旧丸瀬布町に譲渡され、町は“森林公園いこいの森”を建設、機関車を走らせた。森林鉄道蒸気機関車の動態保存は全国で唯一のもの。

見学スポット

  • 森林公園いこいの森

  • 公園内には雨宮号をはじめ、キャンプ場、昆虫生態館、温泉施設、パークゴルフ場が整備されています。温泉宿泊ホテル「ホテルマウレ山荘」もあり、数多くの方々の利用が可能です。
    ※雨宮号の運行:土、日祝日及び夏休み期間のみ

    所在地
    遠軽町丸瀬布上武利
    ガイド
    あり。要事前確認。
    体験
    昆虫生態館での体験イベントあり。
    お問合せ
    TEL 0158-47-2213
    (遠軽町丸瀬布総合支所産業課)
    ホームページ
    森林公園いこいの森(えんがる町観光協会)
    http://www.engaru-kankou.jp/ikoi.htm

お問い合わせ・関連サイト